イベント・見学会
資料請求
BLOG

社長ブログ

くまさん巡礼

暖かくなってきて、外出したい気分になりますね

感染拡大防止に留意しながら 春を感じに出かけてきました

 

まだ完成して間もない〝ところざわサクラタウン″は
KADOKAWAが運営するポップカルチャーを発信する複合施設で
角川武蔵野ミュージアムは隈研吾さんの設計

同じ敷地内に建つ、武蔵野坐令和神社の社殿の設計も同氏によるものです

神社にしてはデザインがモダンすぎます

ミュージアムの中は、4~5階が吹き抜けとなる本棚劇場など35万冊の書籍が収蔵されています

本好きな娘いわく
「こんな風に本に囲まれた生活をしたい。将来、家を建てるときは隈さんに設計をお願いする」
とのこと

そん時は、施工監理をカネザワに依頼してもらえますかね💦

 

この日は弾丸ツアー・・・じゃないけれど、所沢をウロウロしたあとは小江戸川越へ

時の鐘の並びにスターバックスコーヒーのお店があります

このスタバは隈研吾さんの設計をオマージュしているとか していないとか
街並みに溶け込むファサード

心地いい空間に身を委ねて美味しいコーヒーを喫すれば、時を忘れそう

そういった居心地のいい空間・建築物を体験・記憶することで
そのエッセンスをカネザワの家づくりに反映していきます

今年は延期されたオリンピック・パラリンピックの東京大会

主会場の国立競技場も隈研吾さんの設計です

なにかテーマを見つけて(そうでなくても)
秀逸な建築・設計を巡る小旅行を楽しんでみてはいかがでしょう

 

半世紀

新年度になりました

消費税込みの価格表示の義務化や一部商品の値上げなど、新しい社会での生活が始まります

何かに挑戦したり、新しいことを始めるのに いいタイミングかもしれませんね

 

さて、私たちカネザワは50年前の今日、木材商として事業をスタートしました

これまで事業を続けてこられたのも皆様方のおかげです

心より感謝申し上げます

この先も、地域社会から必要とされる企業でいられるよう
新しい価値を創造し続け、豊かな暮らしの提供に貢献して参ります

これからもカネザワをどうぞ よろしくお願いいたします!

 

代表取締役 金澤 正雄

中国茶 ワンダ~ランド

桜も満開で春爛漫ですね

先日、家族で桜を見たりブラブラしながら中国茶の専門店(遊茶 表参道)へ寄りました

地元にそういったお店がない(というか知らない)ので
出かけた先に中国茶のお店があれば必ず立ち寄って茶葉を購入します

 

中国茶は本当にたくさんの種類があって
今はウィルスの感染拡大の影響で試飲はできないけれど
お店の方にお茶の特徴を尋ねたり茶道具を見たり…
と、いったんお店に入ったら なかなか出てきません

子ども達には退屈させてしまいますが・・・

 

いい茶葉を買って、好きな茶道具(茶壷・茶海・茶杯etc)で喫すれば
自宅で幸せなお茶の時間を過ごせます

 

ワクチンの接種も段階的に始まったようですが
また少しウィルスの感染がリバウンドしそう

家の中の楽しい過ごし方を探して、この局面を乗り切って参りましょう

愛着

進学する息子に腕時計を買うことにして、一緒に時計店を巡る

機械式・自動巻きなどのオートマティックは魅力だけど
高校生なので控えめにクォーツの中から選ぶことに

ダニエルウェリントンもシンプルでいいけれど
最終的にはKnotを選んだ息子の感覚がちょっと嬉しい・・・

メイドインジャパンで品質が良く、僕もいくつか愛用しています

高級時計の部類ではないけれど、大切に使ってもらいたいもの

住まいや家具もそうですが、丁寧に永く使うことで愛着がわいてきます

価格やデザイン・性能と併せて、永い期間、
劣化しにくく経年変化が美しいものという選択の基準もあるといいです

 

別れのとき

例年よりも早い桜の開花で春を感じられるようになりました

春 日本では新しい年度のスタートでもあり、卒業のシーズンでもあります

今春、卒業される学生の皆さん、保護者・ご家族の皆様、おめでとうございます!

この1年はウィルスの感染などで学園生活も落ち着かない状況だったけれど
卒業を迎え晴れ晴れとした気持ちでいることでしょう

 

ウチの息子も ようやっと義務教育を終えることになりました

これまで学校の行事にはほとんど参加してきませんでしたが
卒業式には参列してみようと思います

因みに 団塊の世代Jrにはなじみがないけれど(自分の周り半径2mの範囲の調査)、
平成を代表する卒業ソングは『旅たちの日に』という曲なのだそう

卒業式で合唱するのを聴いたら泣いちゃうかも・・・
なんてことはありませんが、フィナーレにぴったりのいい曲です

皆さんの心に残る卒業ソングはなんでしょうか

 

さて、冬の間 活躍してくれた薪ストーブとも来シーズンまで暫しのお別れ

残り少ない今シーズンの薪ストーブライフの日々をじっくり味わってみようと思います

 

 

1 / 5312345...102030...Last »
PAGE TOP