イベント・見学会
資料請求
BLOG

スタッフブログ

ふるさとは

ふるさとは近きにありて思ふもの そして楽しく走るもの

前回、妙義山や下仁田方面が良いなーと書きましたが、鬼石・藤岡も良いところです。この歳になってそう思うようになりました。

01第1回上州藤岡蚕(SUN)マラソン兼第51回藤岡市民マラソン
http://www.city.fujioka.gunma.jp/marathon/index.html

上記の大会が来月開催されます。
これまで市民限定で行なわれていた大会が今年から新たな大会としてリニューアル。SUNと関する大会とあっては太陽光発電に関わる者としてはもちろんランナーとして参加させてもらいます。また、周りの人やお客様にもこの大会のことを宣伝し大会が盛り上がるように勝手に応援しています。

02
高低差があってキツイコースのようです…
下の方にある高低差のグラフの凸っぷりに痺れますね。
(尺度のマジックで、実際は特段キツイコースではありません。)

そんな訳で、ちょっと前に試走をかねて、このコースと地元鬼石の桜山を走って来ました。マラソン+ピクニックでマラニックと言うものがあるのですが、そんなノリです。

藤岡運動公園→二千階段→日野方面→ルーデンスカントリークラブ→桜山→八塩温泉→藤岡運動公園

元気なうちに不案内かつキツそうな、二千階段・日野を回り、桜山まで行けば、あとは帰って来れるだろうというコース設定でした。(桜山にはちょうど身内が行っている日だったので、そこでギブアップも可)

藤岡運動公園をスタートし、すぐに高山社の前を通っての数キロはしばらくはなだらかな登りで少しキツくなった坂を越えると高山の集落へ。ここにある枝垂桜は見事な感じ。春には絶対また見に行きます。
03

高山の枝垂桜
リンク先のブログを見ると良さが分かります。

もうちょっと行くと、2千階段に到着。
06
道祖神があったり良い雰囲気です。

05
なるほどな案内図

07
こんな感じで結構急な階段ばかりです。

08
子王山の山頂から見た赤城山方面

09
反対の日野方面に下ると「かあちゃん茶屋」(土日に営業)
高山側には「見晴茶屋」(日のみ営業)

10
手作りこんにゃくに、手作り味噌のみそ田楽
デカすぎ、うますぎで何故かな100円

11
これまた自家製のいなりずし。
しょうがも自家製。2個で150円でおなかいっぱいに。
※ ごめんなさい。自分もまた行きたいのですが、12月16日(日)で年内は休業です。来年はいつからか聞いたのですが失念。

13
その後日野に下って、ルーデンスカントリークラブの坂を登ります。

14
どこでもとりあえず自力で登るととても良い景色に思えるものです。

15
桜山方面に行けるかちょっと心配な看板。
まぁ、徒歩ならどうにでも行けるはず…と進みます。

16
無事に桜山発見。
ちなみに、この日は休工中で車も通れそうでした。

17
桜山の寒桜をチラ見

18
地元なのに初めての桜山←→八塩温泉ハイキングコースへ

19 (2)
道中いたるところに看板があるので迷うことはまずないはず

19
杉・桧などの針葉樹が多いのですが、たまには広葉樹のところもありました。

20
大分くだったところで弁財天

21
朝日工業を見下ろす
この辺りはホントに地元なんですが全く見たことのない景色でした。

天気は良いものの寒い日だったので、かあちゃん茶屋以外はそそくさと走り去ってしまったのですが、今度はそれぞれの山や地名など調べたり確認しながら回りたいと思います。

ルート
ルート図

geo-

01

日曜日に安中方面から下仁田方面に抜けるルートで妙義山をドライブして来ました。その時に知ったのですが、下仁田は現在ジオパークとして売り出しているんですね。いや、ジオパークっていう言葉をその時まで知らず、ジオツーリズムなんて概念があるもことも初めて知ったのですが。

『ジオツーリズム』のwikipediaでの概要は以下のような書き出し。

ジオ(geo-)とは「土地」「地球」「地理」を表す言葉であり、従ってジオツーリズムは,地質学と地形学、景観、地形、化石床、岩石と鉱物などの自然資源を対象として行われる観光である。

エコツーリズムは聞いたことがあり、その土地の「自然環境」や「歴史文化」の保護・保全を考えた観光や関わり方と理解してます。その対象が「土地」「地球」「地理」と言うことでしょうか。

奥多野出身で、何も同じような山奥に行かなくてもと数年前までは考えていましたが、このあたりの地質は国内でも五指に入るとか○○3大とかに入るとかで身近にある良いところはつい見逃したり、軽んじてしまうものだなと少し反省してます。

まだ1月半の子どももいるので、短時間での予定で出かけたので、あまりゆっくりと見ることが出来なかったのですが、あらためて見ると妙義山はすごく個性的でもっとゆっくりと眺めたり、登ってみたい岩場も沢山あるようです。下仁田も地質学的に貴重な興味深いものがあちこちにあるようなので、またゆっくりと行ってみたいです。

good_points_map
富岡市観光情報サイトにあるマップ

さて、ドライブだけと思って出かけましたが、やはり、折角なので少しくらいウロウロしてみるかなとなるもの。駐車場と近いので『中之嶽神社』に行きました。

020
境内にある中之嶽大国神社には日本一大きい『大黒様』
その場で見ると不気味なほどでした。

マップでは『見晴台』が25分のところにあるようで、また、そこまでは『一般登山道』ともあるので無理でないところまで行ってみることにしました。

021
しかし、スタートで既に四つん這いで登りたいほどのスッゴイ急坂。

03
三日ほど走ってなかったので「トレーニング、トレーニング」と登ります。

04
振り返るとこんな感じ。
転落したら間違いなく途中で止まることはないと思います。

階段の先は岩場になっていたので、続きはまたの機会にして帰って来ました。

太陽光発電付きカーポート!!

現在、施工中の物件です!!

駐車場4台分とその屋根に太陽光発電(シャープ製 6.24kw)を設置します。

現在は屋根を付ける前まで進んでおります。 強度もしっかりしている鉄骨製です!!

227_2_NCM_0055

シャープの太陽光発電を折半屋根に設置する祭には細かい設計が必要となります。

227_4_NCM_0056

来週には、完成予定です、楽しみですねー^^

 

埼玉県の補助金が締め切り間近となっております。ご検討のかたは、お早めにお問い合わせ下さい。

PVJapan2012に行って来ました!!

幕張メッセで行われていたPVJapan2012に行って来ました。
01

PVJapanとは太陽光発電(Photovoltaics)の総合イベントで、太陽光発電協会(JPEA)と、電子デバイス製造サプライヤの国際工業会SEMIの主催で12月5-7日に行われていました。

R1341527
広い幕張メッセいっぱいに国内外の大小メーカーが最新技術やアイデアを詰めた製品を持ち寄り、企業側も来訪者も熱意のある人が多くて活気にあふれていました。全量買取制度が始まってから活気のあるメガソーラー向けのものの展示が多かったです。

 

会場は撮影禁止だったのですが許可をもらえた企業のブースの画像を掲載させてもらいます。

0304
特殊なコンクリートブロックを使う施工方法
鋼材による架台で角度(20°-30°)を付けるよりローコスト。
工期も早いとのこと。

02
ねじ杭基礎。直接地面に打ち込むだけで、事前作業や養生、残土処理の不要とのこと。

Negative split? Positive spirit!

2012年12月2日(日曜日)第8回伊勢崎シティマラソンでハーフマラソンに参加して来ました。

伊勢崎市民の陸上競技場や華蔵寺公園の周囲を2周半走るコース。同じところを走るので飽きる面もありますが、ペースを作りやすかったり仲間の応援が多く受けられたりと良い点もあります。また、アップダウンもほとんどないのも良いところで気に入ってます。
01
自転車仲間たち。後ろのほうに応援組。

先月、ぐんま県民マラソンもハーフで参加したのですが、結果は1時間45分と初めてハーフを走った時(3年前の伊勢崎シティマラソンで1時間41分)よりも悪い結果でした。それもあって、今回は是が非でも良い結果を出したいと思う気持ちと、また、失敗するんじゃないかと不安な気持ち、二つ我にありで臨みました。

いや、ちょっと風邪かな?とかネガティブな気持ちの方が強かったなと思います。
しかし、少し寒いくらいの晴天で無風とこの上ないコンディションに、『このコース、このコンディションと、条件は過去最高、ここで結果を出さないでどうする』と走る直前に覚悟を決めました。

目標は、毎回目指し一歩手前で力尽きている1時間30分。
ハーフ(約21.1km)だと1kmを4分16秒以内で走リ続けないといけません。毎回、前半張り切り過ぎて後半失速してしまうので、ネガティブスプリットと呼ばれる作戦で行くことにしました。これは、前半でのスプリットタイムを消極的な控えめなものにし、後半に体力を残しておく作戦です。

予定タイムはこんな感じ。21kmまでの予定タイムと最後の0.975であと15秒ほどかかる計算。

04
iPhoneのアプリでこんなトレーニングを組んでみてペースメーカーに使いました。

距離

予定

スタートから10kmまで 43分15秒
10kmから20kmまで 42分20秒
ラスト1km 4分10秒
合計 90分00秒

実際は、やはりスタートからオーバーペースになってしまったものの調子が良く、前半は予定以上のペースで走り切りました。そして、後半はややきつくなったものの予定していたペース(各1kmごとの予定)をほぼ守って走り切りました。何度かあきらめそうになったり、あるいはもう目標は達成出来そうなので、確実に走り切ろうと少し楽なペースに落とそうと思ったりしましたが、最後まで積極的な気持ちをキープ出来ました。結果は予定を3分上回っての86分55秒、自己ベストを4分7秒更新しました。

05
ハーフ一般男子は350名くらいはエントリーしていたはずなので、上位10%には入れた。こちらもいつもあとちょっと届かない目標でした。

03
iPhoneアプリでの計測結果

距離

結果

予定との差
スタートから10kmまで 40分51秒 3分24秒速い
10kmから20kmまで 41分36秒 44秒速い
ラスト1km 4分00秒 予定通り
合計 86分55秒 3分速い

練習ではそこそこのタイムで走っていて、前より速くなった気がしていたりしても、91分くらいが続いたり、大幅に失速したりと、どこかで段々90分が切れないような気持ちの壁が出来てました。今回、自己ベスト更新なのでうれしいのはもちろんなのですが、それ以上に、自分の中の壁を越えられたことがすごくうれしいです。

ランを始めて半分冗談で掲げた『サブ3』の目標に今後は真面目に取り組んで行きたいと思います。( フルマラソンを3時間以内で走ることをサブ3と言います。アマチュアランナーの一つの誉れです。サブ4でそこそこ、サブ3.5でも結構速いことになります。)

02
完走後の様子
今までで1番速く走った割に、今までで1番ダメージなく走り終わった気がします。

PAGE TOP