イベント・見学会
資料請求
BLOG

社長ブログ

桜のなかりせば・・・

あちこちで桜が満開になりましたね。

ウィルスの蔓延で不穏なニューズばかりですが、
桜は心をざわざわさせてくれるもの。

在原業平が詠んだ

世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし

という歌にあるように、1000年前も現代の世も
桜によって人の心は煩わされているのかもしれません。

 

最近、この歌には返歌があると知りました。

散ればこそ いとど桜はめでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき

(散るからこそ桜は素晴らしい。
つらいことや嫌なことの多い世の中に、永遠にあってほしいものなど何がありましょうか)

ということで・・・
ウィルスの事案から目を背けるわけにはいかないけれど
早く平穏な日常に戻ってほしいものですね。

«

PAGE TOP