お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-76-2245



自然素材へのこだわり

自然を生活空間の中に取り込むと、暮らしはもっと快適になります。

自然な木の香りに包まれた健康的な住まいであるために、
住まいの主要部分には、積極的に無垢の自然素材を使っています。
無垢の自然素材を使うこと。それはわたしたちにとって決して特別なことではありません。
自然界にあり、人体に影響が少なく、最終的に土に還ることができるもの。
そんな当たり前の素材を使い続けることが、カネザワの自然素材へのこだわりです。

無垢の木材の特性

無垢木材「檜」Photo:無垢 檜桧は古くから社寺建築に用いられてきた木材で、特有の香りを放ちます。この香り成分は人を癒す効果があり、森林浴の効果の源だと言われています。質感はやわらかく耐久性に富んでいるので床座の暮らしにも優しく馴染みます。

無垢木材「杉」Photo:無垢 杉杉は針葉樹ならではのぬくもりがあり、足触りがよく吸放湿性があります。室内の湿度を調整するため、足の裏もサラサラした心地よさを保ちます。年月とともに美しい色合いがでてくるので、住まうほどに愛着もわいてきます。


無垢木材「松」Photo:無垢 松堅く、ねじれやすいのが松の特徴です。時とともに美しい独特の飴色に変化していきます。ヤニの多い松は、粘りがあり圧縮力に対して非常に高い強度を誇ります。内装用の床材として、桁や梁などの横架材として多く利用されます。

無垢木材「桐」Photo:無垢 桐桐は日本国内でとれる最も軽い木材です。しかし湿気を通さず、適度な強度があり、割れや狂いが少ない特徴があります。木の中に空洞が多く、熱を伝えにくいため高い断熱効果があり、火を近づけても芯まで燃えにくい性質があり、高級木材として重宝されています。

自然素材へのこだわりは木材だけではありません。
羊毛からつくられた断熱材、珪藻土の塗り壁、木炭を使った塗料など、
建築材料にも住む人の健康と気持ち良さを考え、選び抜いた良質な素材を使用しています。
自然素材の特性を生かし、家族のここちよい暮らしと健康を考えた家づくりをしています。

自然素材の建材えらび

漆喰
塗り壁[漆喰]

漆喰は昔から城や土蔵などに使われてきました。室内と外気の状況に合わせて水分の吸収や放出を繰り返し、湿度バランスを保ちます。色土を混ぜてさまざまな色彩を表現できる、非常に魅力的な装飾材でもあります。

珪藻土
塗り壁[珪藻土]

珪藻土は藻類の珪藻が石化したもので、漆器で有名な輪島塗の下塗材としても使われています。調湿性が高く過乾燥や結露を防ぐほか、部屋の臭いを吸着、分解するなど室内環境を保ちます。

壁紙
壁紙[土佐和紙]

土佐和紙は、木材と同じく呼吸しています。紙の特性には湿気を吸収し、保温する効果があります。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。視覚的にも「和」の落ち着いた空間と精神的な安らぎを求め演出します。


ウールブレス
断熱材[ウールブレス]

羊毛を断熱材として使用したウールブレスは一切の接着剤を使用せず、ホルムアルデヒドを発生しません。水蒸気の吸放湿性が非常に高く、木造住宅の耐久性に大きく影響する「壁内結露」を予防します。

エコボロンPRO
保存剤[エコボロンPRO]

木材を腐朽菌やシロアリから家を守る防腐防蟻剤も、天然のものを使用します。シロアリが食べることができない「ほう素」を主原料としたエコボロンは揮発・蒸発しないため、化学物質に過敏な方にも安心です。

プラネットカラー
塗料[プラネットカラー]

100%植物油を使用した、木製玩具や食器にも使えるほど安全な天然木材用保護塗料。無垢材とも相性が良く、人と環境にやさしい塗料です。撥水性が高く、水やジュースをこぼしても、強力にはじきシミになりません。


ページの先頭へ戻る



自然素材・無垢の家・健康住宅・お住まいづくりに関するご質問・ご相談・お問い合わせは

  • フリーダイヤルが利用できない方は 0495-77-2255
  • FAXからのお問い合わせは 0495-77-4397
  • パソコンメールからのお問い合わせ

自然素材・無垢の家 株式会社カネザワ 〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町元阿保852

建設業許可:埼玉県知事(般-15)第53856号 住宅性能保証制度業者登録(1-1101)第01751-2号
設計事務所:二級建築士事務所 株式会社カネザワ 埼玉県知事登録(2)第10436号
不動産業許可:宅建業埼玉県知事免許(6)第13824号

Copylight(c) 2001-2010 KANEZAWA Corporation. All Rights Reserved.