お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-76-2245



構造体と工法

木の性質を熟知した職人の技と知恵。施工も品質も妥協しません。

完成後は見えなくなる部分にも、しっかりと技術とこだわりを注ぎます。
時代に応じた技術の改良を重ねても、変わることのない普遍のポリシーです。
最上級の木造住宅へのこだわりで、暮らしの安心と安全を支えます。

鉄筋コンクリートベタ基礎

Photo:基礎構造イラスト

Photo:基礎イメージ軟弱な地盤は地面に杭などを打ち、地耐力をアップさせる地盤改良を行ないます。完成後には見えないところで家を支えている「基礎」は、まさに縁の下の力持ちです。


堅牢な鉄筋コンクリートベタ基礎により高レベルの耐震性を実現します。
床下全体に鉄筋コンクリートと防湿シートを張り巡らせ、鉄筋コンクリート造りの基礎を固めます。
外周部の基礎の立ち上がりは150mmにすることで、充分なな被り厚を確保。
ベース部分の鉄筋は13mmの異型鉄筋を200mmピッチで組み込むことで、建物の荷重をバランスよくしっかりと支えます。比較的地盤の地耐力が弱い土地の場合でも、不同沈下を防止する効果があります。
また防湿シートを敷くことにより、土台を腐らせる原因となる地面からの湿気も防ぎます。

木造軸組工法

Photo:イメージ

構造体の工法には、土台や柱、梁などの木材を組んでいく「木造軸組工法」を採用しています。
木造とは、土台、柱、梁、桁などの主要構造部材を木材で作る建築物のことを指し、主要構造部材それぞれが、様々な力に対してバランス良く機能することで地震などにも強い建物になります。
このバランスは、当社の設計ノウハウと、熟練した職人の技術により支えられています。
木造軸組工法は、構造的制約が少ないためデザインや間取り、敷地などに対して柔軟に対応可能なうえ、ご家族のライフスタイルに合わせて、将来的に自由に空間を変えやすい工法です。


羊毛断熱材

Photo:イメージ

快適な室内環境のポイントは、室内の湿気を排除し、暖気冷気を逃がさないこと。
自然素材の羊毛(ウール)の優れた調湿性の働きで、壁の中は常に適度な湿度が保たれ、結露の発生を押さえてくれます。壁の中を適度な湿度に保ち、さらっとした室内に調湿しながら、暖気冷気も逃がさないスグレモノです。
また吸音性にも優れ、室内の反響音や屋外の騒音を抑える働きがあります。家の外に生活音の漏れが少なります。
さらに、羊毛断熱材はホルムアルデヒドを含まず、化学物質を発散する可能性もないので、健康面での高い安全性もポイントです。


ページの先頭へ戻る



自然素材・無垢の家・健康住宅・お住まいづくりに関するご質問・ご相談・お問い合わせは

  • フリーダイヤルが利用できない方は 0495-77-2255
  • FAXからのお問い合わせは 0495-77-4397
  • パソコンメールからのお問い合わせ

自然素材・無垢の家 株式会社カネザワ 〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町元阿保852

建設業許可:埼玉県知事(般-15)第53856号 住宅性能保証制度業者登録(1-1101)第01751-2号
設計事務所:二級建築士事務所 株式会社カネザワ 埼玉県知事登録(2)第10436号
不動産業許可:宅建業埼玉県知事免許(6)第13824号

Copylight(c) 2001-2010 KANEZAWA Corporation. All Rights Reserved.