見学会
資料請求
concept

カネザワの家

人と自然が寄り添う暮らし

人と自然が寄り添う暮らし

自然の営みに目を向けてみると、わたしたちの暮らしに役立つものがあります。たとえば、陽の光や雨の水を生活に必要なエネルギーや資源に変えることです。それらの利用はCO2排出量を抑え、地球環境への負荷を減らすことにつながります。
また、家庭菜園とコンポスト設置を同時に行うと、ゆるやかな循環型ライフスタイルが生まれます。次の世代へ少しでも良い環境を継いでいくための小さな工夫と心がけをしてみませんか。

concept1_img_02

  • 果樹園

    自分たちの暮らす土地に適した果実を育ててみましょう。愛らしい実をつけたブルーベリーやカシスなどのベリー類は、摘みたてならではのみずみずしさがたまりません。

  • ハーブガーデン

    ハーブのそばに近づくと爽やかな香りが立ちこめ、庭でアロマ体験ができます。料理に使う他、ハーブティー、ハーブウォーターといったヘルシーな自家製ドリンク作りでカフェタイムが充実します。

  • コンポスト

    野菜くずや調理くずをミミズに食べてもらいましょう。ミミズはエサを分解し、堆肥に変えます。堆肥は畑や果樹園にまき、土に栄養を与えます。家庭内で「もらう」「かえす」をくり返す、自然なサイクルが生まれる仕組みです。

  • 雨水利用

    庭にタンクを設けると雨水を溜めることができ、家庭内で利用できます。庭の木々や作物の水やりから洗車、打ち水まで用途は色々あります。雨水タンクを設置することで災害や治水対策になり、家族や暮らす街を守る一助となります。

  • 薪ストーブ

    屋根にえんとつがある家には薪ストーブがあります。薪(まき)を燃やして熱を作り出し、少ないエネルギーで室内をくまなく温めます。薪ストーブを囲んだ家族の時間は、かけがえのない過ごし方です。冬の訪れが楽しみになります。

  • 太陽光&太陽熱

    太陽のエネルギーを利用し、「熱」や「電気」を作ることができます。光熱費やCO2の削減が期待できます。

PAGE TOP