イベント・見学会
資料請求
BLOG

スタッフブログ

自然素材のよさ

こんにちは。

毎週日曜日にオープンしている

小さな暮らしの雑貨店kirakuですが

9月に入って2回オープンしています。

想定してたよりもずっと多くのお客様がいらっしゃって、

とても嬉しいです。ありがとうございます。(誰も来なかったらどうしようという不安もあったので…笑)

店内の雰囲気は、こんな感じです。

それから和室と縁側、洗面所や2階にも作品並んでいます。

写真手前の木の器tikkaさんは9月末までの展示販売予定になっていますので

ご覧になりたいかたは9月27日迄にご来店ください。

籠バックも入荷しています。

お出かけバックとしても使えますが、インテリアとして部屋に置く方も多いようです。

同じものでも一つひとつ形が違ったり、素材が細かったり太かったり。

自然素材を使いモロッコで丁寧に手作りされた籠バックです。

 

築1年半のモデルハウス。

みなさん室内に入ると、木の良い香りがする!と口を揃えておっしゃいます。

そのたび私も嬉しくなるのですが、ほんとうに癒されますよね。

まだまだサンダルの季節ということもあって、裸足のお客様もちらほら。

あえてスリッパは用意していません。

木の心地よさを直に感じてもらえたらと思います。

 

カネザワの施主様限定価格の商品も今後登場する・・・かも?です。

またブログかインスタグラムでお知らせします^^

 

 

 

。。

 

最近「ヒュッゲ」という言葉をネットで調べてみました。

一時期流行った言葉なので、聞いたことあるかたもいるかと思います。

デンマークの言葉であることと、意味はなんとなくは理解していたのですが。

日本語で一言でヒュッゲを言い表せる慣用句はありません。

「家族や友人で集まり、ゆったりとした時間を過ごすこと」

「家の中やインテリアを整えて、心地良く、くつろげる空間にすること」

など…

他にも検索したサイトの中でこんな文章を見つけました。

 

デンマーク人の多くは物を大切に扱うという特徴があります。

余計な物を持たず、必要な物を必要分だけ持ち、それを長い期間に渡って大切に使うことは幸せな人生を送る上で大切なポイントです。

物があふれすぎている環境では物があることが当たり前に感じてしまい、物や周囲に対するありがたみを忘れてしまう傾向にあります。

デンマーク人は自分が必要だと感じた物に対しては、たとえ古びていても愛着を持って長く使います。

自分のお気に入りの物だけに囲まれて過ごす生活が最終的に「心地良い」と感じる空間を生み出してくれます。

 

人の暮らしと物の正しい繋がり方だと強く感じました。

 

kirakuには、工場などで大量生産されたものはなるべく置かないようにしています。

手作りのものは完璧ではありません。

ですがそれが個性であり、そこに愛着が湧きます。

 

新しいもののほうが良いと思うのは、素材が良くないから。だと思っています。

素材が良いものであれば、年数を重ねるごとに味わいや美しさが増すはずです。

 

すべてのことに通じますが、家も同じように、本物(自然が造り出したもの)を

使っていれば時が経つにつれて美しるというのは当たり前のことなんだなぁと…。

 

ヒュッゲの話からすこしずれてしまいましたね。

長々とすみません。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

次回のkirakuオープンは9/20(日)です。

人と物の良き繋がりの場でありますように。

 

 

 

ドッグラン

爽やかな風が心地よい季節になりましたね。

毎朝のスピカの散歩はまるで軽井沢にいるような気分になります。

 

さて私事ですが、愛犬スピカは今日で8か月。だいぶ大きくなりました。

初めて体験する今年の夏は猛暑で、毎日川へと散歩に行ったものです。

 

 

休日は仲間や家族とちょっと遠出してキャニオニングにも挑戦しましたよ。

 

 

しつけ教室にも通い始め、スピカ中心の日々ですが暮らしがより豊かになったように感じます♡

 

カネザワが毎週開催している楽市にもたくさんの犬連れのお客様がお越しになります。

 

 

そこで、お客様のご要望にお応えしてドッグランを作ることになりました!

 

 

来週末には完成する予定ですので、愛犬と一緒に是非お出かけください(^^

 

小さな暮らしの雑貨店 kiraku

こんにちは。

9月6日(日)から毎週日曜日13:00~17:00に、上里町のモデルハウスにて雑貨店をオープンします。

(マルシェではありません)

 

小さな暮らしの雑貨店 kiraku

kirakuという名前は、10年以上前からカネザワで大切に作っている、

季刊誌「風木楽(かぜきらく)」からとりました。

気軽に空間を楽しんでほしい。という想いも込めて。

素敵な作家さんたちの作品や、カネザワでセレクトした暮らしにまつわる雑貨が並びます。

作家さんの紹介

〇 家具工房 NECORO

藤岡市で素敵な家具を作っているNECOROさん。

カッティングボードや木べらを持ってきてくれます。

 

〇大塚辰男さん

神川町に工房を持ち、器を焼いている大塚さん。

釉薬の風合いが素敵です。

kirakuでは、花器をメインに置かせてもらっています。

 

〇hacobe garden

自然素材の家によく似合う

自然の木の実やドライフラワーを使ったリースなど作っていらっしゃいます。

 

〇ryoko maeshima paper cutting

紙で作られた繊細な鳥のモビールや、

出産祝いにもぴったりの可愛らしい動物のモビール。

日の光が透けるように切り込みされていて、風に吹かれてゆれるととても美しいです。

 

〇tikka

木によって風合いや香りの違いを楽しめる木の器

ひとつひとつ丁寧に作られた器です。

どんな作品を持ってきてくれるかは、来てからのお楽しみに♪

 

〇Bee’s+

神川町で養蜂をしているBee’s+さん

ふわっと花の香りがする、風味豊かな生ハチミツです。

 

人の手によって丁寧に作られたものは、自然と愛着が湧き、

長く大切に使おうと思えますよね。

そんな心地よい循環を提供できる場所になりますように。

 

他にも、カネザワでセレクトした商品が並びます。

また、インスタグラム等でも紹介させていただきますのでぜひチェックをお願いします♪

 

商品を買わなくても・・・

自然素材の家の空間と、素敵な作品に囲まれて、ゆるりと楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

埼玉県児玉郡上里町大御堂64-3

車のナビだとたどり着かない場合があります。

お手数ですが下記の座標をコピーして

グーグルマップで検索していただくと確実に案内ができます。

36.231226,139.120612

 

(来店の際にはマスク着用と、手指の消毒のご協力をお願いいたします。)

風薫る家

こんにちは。

風木楽8月号ができあがりました。

8月号では、前橋市の家をうかがって、お話を聞いてまいりました。

目の前は、田園風景がひろがっていて、とっても気持ちいい♪

ウッドデッキには、ゴーヤやふうせんカズラのグリーンカーテン。

デッキに落ちる影も可愛いですね。

2人の娘さんたちが、デッキや庭を走り回ったり、ハンモックでアイスを食べたり…

カメラを向けたら緊張した表情になってしまいましたが…

とてものびのび暮らしている様子が伝わりました。

玄関入ってすぐ、食品庫があります。

お買い物から帰ってきて、スムーズに食品をしまうことができます。

洗面所とお手洗いのタイルは色違いで同じものを。

自然いっぱいの環境と住まいで、心地の良い暮らしをのぞくことができました。

風木楽8月号にて紹介させていただいてますので、見かけたらぜひ手にとってみてください♪

南アルプス

こんにちは、川辺です。

先日、清里-八ヶ岳に行ってきました。

この時期なら梅雨が明けているだろうと少し前から計画していましたが今年は長梅雨で天気も不安定。

残念ながら綺麗な星空を眺めることはできませんでした…(涙)

しかし、昼間は快晴でとても過ごしやすい天気でした。

吐竜の滝

落差10m幅15mの滝。竜が水を吐くように見えることからその名前がつけられたそうです。

横崖から流れ落ちる滝が素晴らしいです。

 

滝にたどり着くまで少し歩きますが森の中を歩くと空気が澄んでいて木の匂いや土の匂いや自然を感じることができます。

 

こちらは名水百選にも選出されている尾白川渓谷。

南アルプス・甲斐駒ヶ岳を源とする清流で、みなさんご存知「サントリー南アルプス天然水」のふるさとでもあります。

荒々しく力強い滝と、エメラルドグリーンの淵が美しく、とても神秘的な場所。

岩に腰かけてゆったりした時間を過ごすと細かな水しぶきがとても涼しくて心地よく、マイナスイオンをたっぷり浴びることができます。

下流では子供たちが川遊びを楽しんでいました。

 

コロナウイルスがまた流行してきていますが、街から離れ、密を避け山の中で自然を感じるのはいかがですか?

 

 

1 / 20112345...102030...Last »
PAGE TOP